T字カミソリでパイチンにすると肌が荒れ、汚く理由はコレ!

SHARE

T字カミソリでパイチンにすると肌が荒れ、汚く理由はコレ!

アンダーヘアのケア時、つまりパイチンやセミパイチンにする際に、T字のカミソリで剃ってしまうことがあります。

まさしく僕はセミパイチンの時はカミソリ+毛抜きという肌に対して大ダメージを与える方法で除毛していました。

ここではなぜカミソリで肌が荒れるのかということについてご紹介させて頂きます。

カミソリを使うと毛先が尖ってしまう

カミソリを使うことによる最大のデメリットは剃った際に毛先が尖ってしまうということです。

詳細につきましては下記画像をご覧頂ければわかりやすいかと思います。

このように、T字カミソリを使うことで毛先が尖った状態になりますが、除毛クリームを使った場合だと、毛先は丸い状態になります。

これは肌へのダメージに関してもそうですし、自分や女性が触った際の手触りにも影響してきます。

尖った毛は埋没毛のリスク大

毛が尖ってしまうと手触りが悪くなるということに他にも、埋没毛になるリスクが高くなるというデメリットがあります。
カミソリでパイチンやセミパイチンにすることで、毛が下記画像の左側のように尖ってしまいます。

逆に右側は除毛クリームで毛を溶かしたものになります。

毛が尖ってしまうことで肌に対してダメージが非常に大きくなります。
また、これが埋没毛の原因となってしまいます。

カミソリは埋没毛の原因になる

尖った毛は毛穴に刺激を与えてしまいます。

また、カミソリの摩擦によって肌へダメージを与えます。

この2つのダメージが原因で埋没毛になってしまうことが多々あります。

パイチンにする際はカミソリを使わずに除毛クリームを使いましょう。

カミソリとちん毛の相性が悪い

カミソリはヒゲなどに合うように作られています。

ちん毛は太く縮れているため、カミソリの刃が逆に傷つけられてしまいます。

そして、傷ついたカミソリを使うと肌がかなり傷つけられます。

つまり、ちん毛をカミソリで剃るということは自ら悪循環に向かって進んでいるようなものなのです。

カミソリを使い続けるとどうなるの?

カミソリを使い続けるととにかく肌が汚くなります。
せっかくパイチンにするので綺麗になるようにしたほうがいいです。

カミソリや毛抜きを使い続けたらこんな風になるっていうのを見たい場合は、下記記事もご覧下さい。

ちん毛を抜いたことで肌が荒れ、汚くなった実体験レポ